TOEIC® Listening & Reading Testで300点台の人が100~200点アップする3つの勉強法

中学の復習だけでスコアは100点以上もアップする

中学の復習だけでスコアは100点以上もアップする

最初に受けたTOEIC® Listening & Reading Testが「300点台でした」という方は、結構います。私も2009年5月に受けた初めてTOEIC® Listening & Reading Testは390点でした。それから1年半後の2010年11月に525点に上がります。

この点数の上がり方は普通レベルです。勉強時間も仕事の合間だけですので、当然の結果かもしれません。結局はたくさんの時間にどれだけ集中できたかです。

しかし、勉強中に「こうしたら効率的だった」や「これで実力が付いた」という気付きは何度もあり、その都度勉強法を修正しました。下記に紹介する3つの勉強法は、その結果、1年間でTOEIC® Listening & Reading Testで300点台から100~200点も上がったノウハウです。

チェック1

中学生の文法を復習する

まず、TOEIC® Listening & Reading Testで300点台の人は「すべてにおいて理解不足」なはずです。世間的に広がっているTOEIC® Listening & Reading Testのスコアがアップするコツも、基礎知識がない役に立ちません。

そのため、私たちが最初に勉強すべきは「中学の英文法」になります。英単語ももちろん必須ですが、文法とは語学の型であり、その文法に単語をはめていくことになりますので、単語よりも文法をまず身に付けます。

私はカラー版 CD付 中学3年間の英語を10時間で復習する本で基礎を固めました。この1冊で一気に中学3年間を復習できます。

チェック2

頻出する英単語を聞く

次に英単語のボキャブラリを増やしたいです。文法だけ知っていても、単語がわからないと何も理解できません。

逆に文法はある程度の基礎さえ知っていれば、あとは単語の暗記だけで文章が理解できます。TOEIC® Listening & Reading Testに出る英単語を学ぶには、アルクのCD付 改訂版 キクタン リーディング【Basic】4000がリスニング対策にもなり、初心者にはベストです。

チェック3

TOEIC® Listening & Reading Testのコツを覚える

仮に実力が同じ2人でも試験を進め方や解き方が違うだけで、スコアにかなりの開きがあります。この傾向は初心者であるほど顕著です。そのため、
TOEIC® Listening & Reading Testにおけるスコアアップのコツを頭に入れましょう。

TOEIC L&R TEST パート1・2特急 難化対策ドリルTOEIC TEST 模試特急 新形式対策でTOEIC® Listening & Reading Testの試験対策を学びましょう。出題傾向や時間配分などが丁寧に解説されています。

300点台から400点台にランクアップは「文法の基礎、頻出の英単語、TOEIC® Listening & Reading Testのコツ」この3種類を読破するだけでOKです。

また、最初からあまりに上を目指しすぎると、思うようにTOEIC® Listening & Reading Testのスコアが伸びなかったときに、英語がつまらなくなってしまいます。英語を身につけるためには、焦らずに2~3年後を見据えて、近い目標を何度も更新していきましょう。

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2011.02.10
更新日更新日 2017.05.12

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
エイゴリ編集部
エイゴリ編集部
執筆・編集
英単語や英文法の覚え方、英会話のコツを徹底解説。英語のテストでハイスコアを獲得する勉強法も紹介しています。

関連する記事

RELATED ARTICLES
TOEIC® Listening & Reading Testが400点ならグロービッシュがおすすめ
グロービッシュはネイティブ(英語を母国語とする人)と話すのではなく、非ネイティブ(英語を母国語としない人)同士で話すことが目的です。実は...
TOEIC® Listening & Reading Test PART6 - 長文穴埋め問題は全体をすばやく理解する
TOEIC® Listening & Reading TestのPART6の長文穴埋め問題は全12問あり、目安時間は8分間です。長い文章を読みながら、途中の空欄にあてはまる解答を選択肢から選...
1週間程度のプチ留学!欧米だけではなく中国や東南アジアも人気
プチ留学の最大のメリットとは長短期であることです。プチ留学は短期留学にも属しますが、短期留学よりもさらに短い1週間から留学ができることか...