読む・聞く・書く・話すの中では話すが最も短時間で上達しやすい

キリトン
キリトン
TOEIC575点 英会話スクール歴7年

読む・聞く・書く・話すの中では話すが最も短時間で上達しやすい

TOEIC® Listening & Reading Testである程度スムーズにコミュニケーションができるとされる730点以上を獲得しても、書くことや話すことができない人が大勢います。

その理由はTOEIC® Listening & Reading Testがリーディングとリスニングというインプットのみのテストだからです。ライティングとスピーキングは自分の思考をアウトプットする行為ですので、スキルの種類が異なります。

ライティングとスピーキングは実際に英文を書いたり、英語で話すなどをしないと身に付きにくいです。そのため、ライティングやスピーキングをする機会を得るために英会話スクールや海外留学が必要になります。

仮に自ら英語を使わざるを得ない状況が作れると、私たちはライティングやスピーキングを急速に習得することができます。短期間の海外留学でもペラペラと話せる人たちがいるように、英語を使うことこそがコツです。

よく「6カ月で外国語をマスターした」人たちを聞きます。中国人が来日6カ月で日本語を使えるようになっていたり、イギリス人が中国に留学した6カ月後にコミュニケーションできるほど中国が使えたりします。

このような事例の多くはスピーキングに関してのみです。リスニングは早く話されると聞き取れませんし、リーディングは言語にもよりますが、知らない単語が出てくると訳せません。ライティングは日本や中国のように難解な文字を扱うことは困難を極めます。

しかし、スピーキングは別です。自分の知っている範囲の単語と自分の頭が付いていける最適なスピードで、さまざまな文章を作成して、声で相手に使えることができます。

TOEIC® Listening & Reading Testで高得点を目指す人達が苦手意識を持ちやすいスピーキングは、実は経験を積めれば短時間で上達できるジャンルになります。

フリートークでは「仕事がとても忙しいこと」について話したかったので、事前に文章を考えてみました。

  • Google announced that the search result will update on the 21st of April.
  • Its contents is when we search the Google on our smartphone, we will get the search result which is displayed the smartphone corresponded web sites as priority.
  • There are two types of webs ites on the internet, it's web sites for only PC and web sites for PC and smartphone corresponded web sites.
  • Now, there is no difference in the search result of PC and the search result of smartphone.
  • But it's different from the 21st of April.
  • I have got 14 web sites for only PC, so I have to repair for smartphone.
項目学習内容
レッスン38回(全40回)
トーク
  • 仕事がとても忙しいこと
  • 日本人が働きすぎな理由
  • イギリス人のライフワークバランス
英語日記
テキストUNIT7「Marketing」
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2015.03.06
更新日更新日 2015.04.21

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
キリトン
キリトン
執筆・編集
初回のTOEIC® Listening & Reading Testは390点。それでも独学と英会話スクールで話せるようになりました。

関連する記事

RELATED ARTICLES
英語で「言う」を使い分ける!say・speak・tellの違い
sayは聞き手の有無に関係なく、単に何かを発言する行為を表現します。つまり「言う=言葉を口にする」といったニュアンスです。会話や伝達の意図...
世界が広がるシニア留学!長期滞在の目的や留学時の注意点など
留学は「学生や若者がする」イメージが強いですが、若者ではなく幅広い年齢層の留学を意味するシニア留学が、50~70歳に人気です。例えば、退職し...