英語を話せないのではなく論理的に説明できない

キリトン
キリトン
TOEIC575点 英会話スクール歴7年

英語を話せないのではなく論理的に説明できない

英語で質問を受けたときに答えられない理由が、英語力が足りないからではなく、論理的に説明できないだけかもしれません。例えば、英会話スクールでは「あなたは陪審員になりたいですか?」と聞かれました。

  • Would you like to sit on a jury?

私は「陪審員にはなりたくない」と思ったため、すぐに「No, I wouldn't.」と答えます。しかし、そのあと「Why not?」と聞かれると、日本語でも理由付けに時間がかかるほどですので、英語では余計に戸惑いました。

  • If I was assigned to the jury, I wouldn't refuse.
  • This thinking is similar to a blood donation.
  • If we did it, we couldn't get anything.
  • However, it's useful for someone and someday it might be that I will get help.

すぐに理由が思いつかなかったのですが、沈黙はコミュニケーションとしては最悪と捉えているため、まずは陪審員に選出された場合の行動を示し、次のどうしてそういう行動をしたか考え方を述べました。

英会話を円滑に進めるためには論理的思考が欠かせません。個人的には「沈黙せずに話しながら考える、常にシンプルな文章にする、結論を先に述べてから補足する」ことを心がけています。

一般的な会話で常に論理的思考を働かせることは労力がかかりますが、そのほうが話し手も混乱せずに済みますし、聞き手は理解を示してくれます。

フリートークでは「仕事と育児の両立」について話したかったので、事前に文章を考えてみました。

  • My family went back my home. It's first time in two months.
  • That is very lively.
  • But I have no time, because my son hasn't been going to nursery.
  • I want him to go to nursery.
項目学習内容
レッスン37回(全40回)
トーク
  • 仕事と育児の両立
  • イギリスの陪審員制度
  • イギリスの階級社会
英語日記
テキストUNIT7「Marketing」
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2015.02.27
更新日更新日 2015.04.21

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
キリトン
キリトン
執筆・編集
初回のTOEIC® Listening & Reading Testは390点。それでも独学と英会話スクールで話せるようになりました。

関連する記事

RELATED ARTICLES
TOEIC® Listening & Reading Testの試験内容が変更
2016年5月にTOEIC® Listening & Reading Testの試験内容が10年ぶりに改訂されました。改訂の概要としては、規則正しいビジネス英語ではなく、日常的に使われるビジ...
1週間程度のプチ留学!欧米だけではなく中国や東南アジアも人気
プチ留学の最大のメリットとは長短期であることです。プチ留学は短期留学にも属しますが、短期留学よりもさらに短い1週間から留学ができることか...
世界が広がるシニア留学!長期滞在の目的や留学時の注意点など
留学は「学生や若者がする」イメージが強いですが、若者ではなく幅広い年齢層の留学を意味するシニア留学が、50~70歳に人気です。例えば、退職し...