英語は勉強しながら会話などの経験を積むと身に付きやすい

キリトン
キリトン
TOEIC575点 英会話スクール歴7年

英語は勉強しながら会話などの経験を積むと身に付きやすい

よく「英会話スクールに通うほどの実力はないから、もう少し勉強してからにする」という人がいますが、それはある意味で正解です。会話という経験は応用問題ですので、まずは勉強という基礎問題から始めます。

中学レベルの単語や文法もできないときに英会話スクールに行っても、何もフリートークができずにテキストベースで決められた会話をこなすという時間が過ごすことになるでしょう。英会話スクールの費用対効果を上げるためにも、独学で単語や文法を理解した上でスピーキングに臨みたいです。

ただし、勉強と経験は交互に行ったほうがしっかり身に付きます。勉強をしてから経験をすると、勉強したことが記憶に残りやすいですし、経験するうちに足りない知識に気づいて、さらに勉強を進めることができます。

それに経験をしたいから勉強をするといったモチベーションの維持にもつながります。私が疑問文も作れないほどの英語力のころから英会話スクールを続けている理由はここにあります。

  • I thought I would need a lot of experience in order to improve my English skill, but actually it's necessary to gain experience with studying.
    私は英語力を改善するためにはたくさんの経験が必要だろうと思っていましたが、実際には勉強しながら経験することが必要です。
  • For example, I wasn't good at using different articles. So I tried to study articles, and I have been able to recognize the difference between 'a' and 'the'.
    例えば、私は冠詞の使い分けが得意ではありません。だから私は冠詞を勉強したところ、私はaとtheの違いを認識できるようになりました。
  • It's important to have experience after studying. Simultaneously, we can notice points to study because we have experienced.
    勉強のあとに経験することは重要です。同じに私たちは経験をするからこそ勉強するポイントに気づきます。

また、フリートークでは「子供と公園で遊んだこと」について話したかったので、事前に文章を考えてみました。

  • This weekday, I went to my in law's house.
  • I'm going to there from three to four days a week.
  • One day my son and I went to play the big park.
  • There was a big slide. We played five times.
  • He had very fun.
  • But we had to clime the stairs in order to slide.
  • So, I carried him, because he couldn't clime.
  • Last more, I was tired.
項目学習内容
レッスン34回(全40回)
トーク
  • 子供と公園で遊んだこと
  • 日本の農業が衰退した理由
  • ヨーロッパにおける世代間格差
英語日記
テキスト
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2015.02.06
更新日更新日 2015.12.08

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
キリトン
キリトン
執筆・編集
初回のTOEIC® Listening & Reading Testは390点。それでも独学と英会話スクールで話せるようになりました。

関連する記事

RELATED ARTICLES
英語の資格や検定試験で高得点を取っても英語が話せない理由
多くの日本人がグローバル企業に勤務して、世界中を相手にビジネスをする日は刻々と迫っています。そのために英語の資格や検定試験の勉強をするわ...
英語で「言う」を使い分ける!say・speak・tellの違い
sayは聞き手の有無に関係なく、単に何かを発言する行為を表現します。つまり「言う=言葉を口にする」といったニュアンスです。会話や伝達の意図...