英語を学ぶ目的が明確になったためにまずは英単語を覚えたい

キリトン
キリトン
TOEIC575点 英会話スクール歴7年

英語を学ぶ目的が明確になったためにまずは英単語を覚えたい

英語を勉強する目的には「海外旅行で外国人とコミュニケーションをすると、旅行がより楽しくなるからスピーキングを上達したい」や「ウェブ系のスキルを勉強していると、最終的には日本語ではなく英語の原文にたどり着く」などの理由がありました。

しかし、それらは理由付けとしては弱かったです。なぜなら海外旅行やスキルアップなどは発生頻度が低いですし、意図的にそれらを避けることも可能です。仮に「将来的に仕事で使えないと、給料が下がる」としても、明確ではなければ危機意識やプレッシャーも生まれません。

それが今回、モチベーションが劇的に高まるほどの目標ができました。それは「2017年から大学院で経営学を勉強して、自分の会社を大きくする」ことです。そのためにはTOEIC® Listening & Reading Testで700点以上を取得しないと、入学資格が貰えません。

現在はウェブ系の会社を外注は使っていますが、実質的に私1人で運営しています。2008年からですので現在7期になりました。すべての期間で黒字を計上しており、このままでも問題ないように思えます。

ただし、ビジネスで「現状維持を希望する」と成長力が削がれて、売上や利益は下がっていきます。基本的には「収益を伸ばす」と奮闘して、実際には現状維持に落ち着いたり、それでも予想を下回ったりするわけです。

つまり、常に改善や向上を繰り返さないと、特に私のようなスモールビジネスでは生き残れないわけです。そのためにも「英単語を覚える、英語力をアップする、経営学を学ぶ、ビジネスを大きくする」を目指したいです。

また、今日は英会話スクールで使うテキストをなくしてしまったために、レッスンでは英文法についての疑問点を聞いてみることにしました。

もちろん、ほとんどの疑問点に対する答えはネットで調べれば、いくらでも出てきますが、講師とコミュニケーションを図りながら練習することで、記憶に残りやすくなり、応用が利くというメリットがあります。

結局、探していたテキストは英会話スクールに忘れ物としてあったために、今日はこのトレーニングをやれなったのですが、個人的にはわからないことはネットで調べて、覚えたいことは再度、英会話スクールで聞いてみることにしています。

項目学習内容
レッスン25回(全40回)
トーク
  • テキストをなくしたこと
  • 英単語の覚え方
英語日記
テキストUNIT5「Stress」
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2014.10.31
更新日更新日 2015.05.07

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
キリトン
キリトン
執筆・編集
初回のTOEIC® Listening & Reading Testは390点。それでも独学と英会話スクールで話せるようになりました。

関連する記事

RELATED ARTICLES
世界が広がるシニア留学!長期滞在の目的や留学時の注意点など
留学は「学生や若者がする」イメージが強いですが、若者ではなく幅広い年齢層の留学を意味するシニア留学が、50~70歳に人気です。例えば、退職し...
英語で「言う」を使い分ける!say・speak・tellの違い
sayは聞き手の有無に関係なく、単に何かを発言する行為を表現します。つまり「言う=言葉を口にする」といったニュアンスです。会話や伝達の意図...
TOEIC® Listening & Reading Testの試験内容が変更
2016年5月にTOEIC® Listening & Reading Testの試験内容が10年ぶりに改訂されました。改訂の概要としては、規則正しいビジネス英語ではなく、日常的に使われるビジ...