世界が広がるシニア留学!長期滞在の目的や留学時の注意点など

世界が広がるシニア留学

世界が広がるシニア留学

留学は「学生や若者がする」イメージが強いですが、若者ではなく幅広い年齢層の留学を意味するシニア留学が、50~70歳に人気です。

退職してから趣味のために留学をしたい男性、子供も独立したあとに旅行も兼ねて留学をしたい主婦、セカンドライフとして住む場所を見つけたい夫婦など、シニア留学はそのような人たちの願いを叶えてくれます。

生涯学習として退職者向けに新しい挑戦をしたり、学ぶプログラムが提供されている現在、留学の世界も例外ではありません。そこで一般的な留学では語学留学が大多数ですが、シニア留学にはいろいろなタイプがあります。

例えば、海外でのボランティアはその1つであり、長年の仕事で培ってきた知識や技術を生かすことができたり、植林などの環境保護を目的としたボランティアも留学に取り入れることができます。

新しい世界で自分の力を発揮してみたい人は活動派で好奇心旺盛なタイプであり、新しいことを学ぶ留学に出ることもできます。外国の料理、ダンス、フラワーアレンジメントなど、新しいことを海外で本格的に学んであなたの趣味に加えることも楽しいです。

さらに移住のための下見でシニア留学をする人もいます。20年以上続いた子育ても終わり、退職もしてこれからが第2の人生です。第2の人生は海外でゆっくりと考えている人も少なくありません。

シニア留学で移住の候補地に一定期間住んでみることで、失敗するリスクも下がります。移住してから体に合わないということになると、第2の人生は最初から大きな障害にぶつかってしまうことになるため、期間としては半年在住を目指したシニア留学をする人が多いです。

目的は長期滞在と農場体験が人気

シニア留学でロングステイしてみる

今までまじめに働き、子供を育て上げ、大変な出来事にも耐え忍んだり、着実に乗り越えてきたシニアは多いです。その結果、退職を機にほっと一息ついている最中でも「何か物足りない」と思う人も少なくありません。

時間を多く消費してきた仕事が終わったとき、意外と目新しいことのない毎日は退屈しやすいです。そのようなシニアにはシニア専用のシニア留学がおすすめです。シニア留学は新たなことを学んだり、ゆっくりと心の洗濯をしたり、世界のいろいろな所を見て回ったりと魅力は尽きません。

シニア留学では長く滞在するロングステイが多いです。ロングステイは海外移住とは違い、日本の生活はそのままに海外で長期滞在して、現地の文化に触れたり、現地の人と交流したりするという仕組みです。

観光中心の普通の海外旅行と違って、一定期間に1つの場所に留まって日常生活を行うため、海外旅行とはまた違った体験をすることができます。ロングステイで人気な国はカナダ、ニュージーランド、オーストラリアなど、さらにタイなどの東南アジアの人気も見過ごせません。

ファームステイで農業や牧場に滞在する

ロングステイをした場所に移住するという人も多いです。特に「第2の人生を海外で過ごしたい」と思っている人は、シニア留学のロングステイを利用して、いくつか候補の国で生活してみるとより確実に探せます。

ロングステイの次にファームステイも人気です。ファームステイのファームは英語で「農場」という意味です。このファームステイとは海外の農場や牧場に滞在するというプログラムになります。

同じ田舎でも日本の田舎と海外の田舎は大違いです。大自然に囲まれながら語学力を磨いたり、現地の人と交流したりすることができます。ファームステイでおすすめの国はカナダとニュージーランドです。

カナダは特に西のほうがおすすめで、広大なロッキー山脈の麓での生活は最高です。ニュージーランドも自然が素晴らしいことで有名で、ニュージーランドの人はとてもフレンドリーですぐに仲良くなれます。

シニア留学で起こる3つのトラブル

会社員を退職して、ある程度お金に余裕がある人のなかには「若者には負けてられない」や「新たな自分探しに出かたい」と人たちがいます。海外留学にはやる気が肝心です。そのような意気込みさえあれば、どんな文化の違いを経験しても広い心で受け止められるからです。

ただ、そのシニア留学を成功させるためにも、トラブル対策を忘れてはいけません。シニア留学で起こりやすい3つのトラブルを知って、事前に対策をしましょう。

1

パスポートの紛失

パスポートは海外旅行に行っているあなたの命の次に大切な物です。何としてでもパスポートは紛失しないようにします。パスポートを紛失しないためのポイントは、パスポートの保管場所は鞄の自分の決めた場所や専用ポーチの名かだと決めておくことです。

今はパスポートをケースに入れて、首からかけるというような物も販売されています。どうしても心配な人はそれを買うのが手かもしれません。

それでも航空券のチェックインなどでパスポートを置き忘れるということもあります。どこかにふと置くということがないようにしましょう。また、いざというときのために、パスポートナンバーをメモをしておきます。

2

所持品の盗難

海外にはたくさんのスリがいて、所持品の盗難は若い世代もよく被害に遭います。平和で安全な日本で長く過ごしている日本人には、スリから見ると隙があるために狙われやすく、特に高齢者は気付かないですし、気付いても逃げられるためにターゲットにされやすいです。

少し疲れて荷物を置いて、空港内を見渡して足元を見ると荷物がなくなっていたということもよくあるケースです。荷物を下におろすときは、その荷物をまたいで立ったり、荷物が動くとすぐにわかるようにしておきます。

男性はズボンの後ろポケットに財布を入れていることです。これはかなりの確率で盗られてしまいます。スリはあなたが財布を出し入れしている行為を見ています。人混みでは犯人がわからないため、特に注意です。

3

病気になったとき

ロングステイをされる人は日本から基本的な薬をある程度持っていくことをおすすめします。仮に海外の薬を飲む際はしっかりと説明書を読んで、少なめに飲みましょう。海外の薬は効きすぎる傾向があります。

また、所持品の盗難や病気になったときの金銭的損失については、ネットで加入する海外旅行保険に入っておくと万が一のときも金銭的負担がなく、サポートも受けられるために安心です。

初心者も安心できるオンライン英会話

DMM英会話
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた記事を掲載しておりますが、記事を参考にする際はご自身の責任のもと、ご利用いただくようお願いいたします。
公開日公開日 2015.09.03
更新日更新日 2015.11.25
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
1週間程度のプチ留学!欧米だけではなく中国や東南アジアも人気
英会話を実践する 海外留学
プチ留学の最大のメリットとは長短期であることです。プチ留学は短期留学にも属しますが、短期留学よりもさらに短い1週間から留学ができることか...
TOEIC®テストの試験内容が変更!PART3の問題数や所要時間など
TOEIC®テストのコツ TOEIC®テストの特徴
2016年5月にTOEIC®テストの試験内容が10年ぶりに改訂されました。改訂の概要としては、規則正しいビジネス英語ではなく、日常的に使われるビジ...
英語で「言う」を使い分ける!say・speak・tell・talkの違い
英単語を暗記する 似ている英単語の違い
sayは聞き手の有無に関係なく、単に何かを発言する行為を表現します。つまり「言う=言葉を口にする」といったニュアンスです。会話や伝達の意図...

この記事の監修者

ARTICLE SUPERVISOR
エイゴリ編集部
エイゴリ編集部
EDITORIAL DEPARTMENT
英単語や英文法の覚え方、英会話のコツを徹底解説。英語のテストでハイスコアを獲得する勉強法も紹介しています。

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK