1週間程度のプチ留学!欧米だけではなく中国や東南アジアも人気

プチ留学のメリットは超短期で行けること

プチ留学のメリットは超短期で行けること

プチ留学の最大のメリットとは超短期であることです。プチ留学は短期留学にも属しますが、短期留学よりもさらに短い1週間から留学ができることからプチ留学と呼ばれています。

大人になって「留学したい」思っても、仕事や育児があったり、なかなか留学はできなかったりします。3泊4日や5泊6日の海外旅行には行けても「留学までは無理かも」が普通です。

長期留学なら会社を辞めることも考えなければいけないですし、短期留学で仕事を休むことにしても多くの人に迷惑をかかるため、まずできません。

それでも「留学をしてホームステイなどを体験したい」と思っている人は多いです。そこで1週間から留学ができるプチ留学が人気になりました。1週間ほどであれば、長期連休と有休を使って、休みの都合が付く人もいます。

また、忙しく仕事を頑張る自分へのご褒美にプチ留学をする人もいます。語学を勉強して知的な女性、海外が本場の趣味を深めたい男性、海外生活を体験するためにホームステイなど、プチ留学の楽しみ方もさまざまです。

どうせ海外に行くなら、自分にプラスになるプチ留学で自分を磨いてみることは将来にもつながります。1週間後には磨かれて美しくなった自分は楽しみです。

割安のプチ留学で海外生活が簡単にできる

現在「将来の夢は外国で暮らすこと」という学生や「いつかは海外に住みたい」と思う社会人も少なくありませんが、現実的には「海外で暮らすことは夢のまた夢」という感じることも多いです。

正規で留学するには100万円以上のお金がかかります。仮に「海外で就職しよう」と思っても語学を習得したり、現地で仕事を探すには、相当のお金に加えて、精神と体力、効率的に進めるならコネも必要です。

世界が年々狭くなっていても外国生活は庶民にとってはまだ遠いです。さらにアメリカ、イギリス、ロシア、中国、インドなど、行ってみたい国は多様ですが、プチ留学で海外生活を体験することは、意外と簡単です。

プチ留学は短期留学よりも短い留学のことで超短期留学であるため、3日や1週間からすることができますし、長くて1カ月のプランもあります。海外旅行の感覚で行けることもプチ留学の魅力かもしれません。

語学を学びに行くことや何か趣味を見つけに行くことも、プチ留学で叶えられます。海外でのホームステイを体験したりして、海外の生活を短期間で味わうことができるわけです。

短期間ということもあり、正規留学など長期の留学に比べて値段的にも安いです。TOEICの点数を上げるには留学がかなり効果的であるため、本格的な留学の前や忙しい仕事の合間などにもプチ留学が人気です。

プチ留学で海を越えて世界を覗くことで、きっと新しい世界や新しい自分が見つかります。1回でも世界が近づけば、また次の本格的な海外留学や海外就職にもつながるでしょう。

プチ留学はホームステイで食文化を学ぶ

プチ留学では今まで遠かった世界が一気に近くなり、世界が少し手を伸ばしたところにある感覚が味わえます。素敵な願いをリーズナブルに叶えてくれる仕組みがプチ留学です。

プチ留学の醍醐味はいろいろあります。オーストラリアとカナダにプチ留学する人が多いですし、今まで外国語を使う仕事に携わっていると、プチ留学をした友達もたくさんでき、プチ留学が本当に楽しくて素敵な人生経験だということがよくわかります。

プチ留学で得られる経験はたくさんあり、その1つがホームステイで現地の生活を体験することです。例えば、海外旅行でも確かに現地の特産物などを味わうことができますが、現地の人たちが一般的に家で食べるご飯などは意外と体験できませ。

まず、海外旅行で行くレストランは日本人好みの店を選びがちです。実際に現地の人がそのような料理を食べているかというと、答えはNOだったりします。逆にあえて現地の人と同じ食習慣をしようとしても、家庭料理を何度も食べる行為はなかなか真似できません。

そこで短期間でもホームステイをすると、食文化だけではなく習慣や背景などもわかったりします。例えば、カナダに行ってみると、カナダの家庭料理からカナダという国についての理解が深まります。

カナダのホームステイ先の料理は中華料理、ギリシャ料理、ドイツの料理などいろいろな国の料理がミックスされています。これはカナダがそれだけ異文化が集まった国である証拠です。

カナダ人が「異文化を受け入れる優しい国民である」ということも読み取れます。ホームステイをして現地の人と生活をともにすると、その国の特徴がよく見えてきます。

その国の文化や食、習慣についても本の中だけの話ではなく、実際に自分がその国に短期間でも住むことによって、肌で感じることができます。このような異文化理解は実際に自分が体験することから始まります。

プチ留学で語学学習の意欲が劇的に高まる

最近は「留学=語学留学」と言ってもいいくらいで、留学の目的は「語学を勉強するため」が圧倒的に多いです。実際に留学をして語学がペラペラになって帰ってくる人も大勢います。

その人のモチベーションや環境にもよりますが、正規留学などで1年でも外国にいると、その国の言語はかなりしゃべれるようになります。

ただし、これが短期留学の場合は、驚くほどの上達が見られるわけではありません。個人差がありますが、短期留学では英語を話す自信がついたり、毎日英語に触れるので何となくわかった気にはなれます。

しかし、帰国後にTOEIC®テストを受けてみたり、外国人と話すなどで英語力を計ってみると、すぐには大きな変化が見られないことが現実です。

そのため「短期留学はお金の無駄であり、短期留学よりもっと短いプチ留学では語学の上達はまず見込めない」と思いがちですが、プチ留学で得られるメリットとは、語学学習への意欲に火が付くということです。

社会人にとっての語学学習は特に大変です。日々の仕事や生活に追われながら語学を独学することは、至難の業にも思えます。そのうちに「なぜ、わたし語学勉強しているんだろう」と楽しくなくなり、結局は語学の勉強をやめてしまう人もいます。

そこで「語学の勉強は大変」と感じたタイミングでプチ留学をしてみると、外国語を話せる喜びがわかって「頑張ろう」となりやすいです。自分の体験がモチベーションになり、長続きがする確率も高くなります。

このように留学は実際に語学の伸びはそこまで期待できなくても、外国語を使って交流する喜びを思い出すといった効果があります。プチ留学は長期留学や短期留学と比べても費用が少なくて済みますから、語学学習の意欲への火付け役としてはもってこいです。

初心者も安心できるオンライン英会話

DMM英会話
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた記事を掲載しておりますが、記事を参考にする際はご自身の責任のもと、ご利用いただくようお願いいたします。
公開日公開日 2015.09.03
更新日更新日 2015.11.25
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
世界が広がるシニア留学!長期滞在の目的や留学時の注意点など
英会話を実践する 海外留学
留学は「学生や若者がする」イメージが強いですが、若者ではなく幅広い年齢層の留学を意味するシニア留学が、50~70歳に人気です。例えば、退職し...
初心者が英会話レッスンで頻繁に使いたい表現リスト
英会話を実践する シチュエーション別英会話
英会話を始めたばかりの頃は、疑問文がうまく作れなかったり、疑問文の作成に時間がかかります。そのため、前置きで質問があることを伝えます。そう...
英語で「見る」を使い分ける!see・watch・lookなどの違い
英単語を暗記する 似ている英単語の違い
seeは自然に目に入る現象を意味しています。つまり「見る=視覚的に理解できる」といったニュアンスです。意識的や能動的に見えているわけではな...

この記事の監修者

ARTICLE SUPERVISOR
エイゴリ編集部
エイゴリ編集部
EDITORIAL DEPARTMENT
英単語や英文法の覚え方、英会話のコツを徹底解説。英語のテストでハイスコアを獲得する勉強法も紹介しています。

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK